Summer School in HAKODATE
 【サマスクの活動】


 本活動は,ボランティア組織「サマースクールin函館実行委員会」が主催する夏期休暇支援プログラムです。 

 

 1992年に導入された学校週5日制を契機に、障害のある子ども達の放課後、休日、長期休暇中の支援プログラムの必要性が叫ばれるようになりました。中でも長期にわたる夏期休暇は「親子ともども地獄です」という悲痛な叫びに代表されるように、特に早急な支援が求められていました。

 『サマースクールin函館』は,そのような地域のニーズに応えるべく、障害のある子ども達が楽しく充実した夏休みを過ごせるように、1996年北海道教育大学函館校障害児教育研究室の教員(木村健一郎教授)と学生達が中心となってサマースクールを企画しました。

 企画当初は、参加する子ども達は20名〜30名程度を想定し、研究室の教員と学生、数名の現職教員とで行う小規模な研究室活動と考えていました。ところが参加募集をしたところ90名近い応募者がありました。この人数は小学部、中学部、高等部をもつ中規模の養護学校の規模に相当します。1週間とはいえ、研究室活動というような生やさしいことでは対応出来るものではなく、 今更ながらニーズの強さを思い知らされました。

 発想を転換し、地域活動として捉え直し、ボランティア組織「サマースクールin函館実行委員会」を立ち上げ、地域の関係機関、学校に働きかけ、会場・施設の確保、支援の中心となる学生ボランティアの募集、学生達をサポートする社会人ボランティアの依頼等、地域活動としての支援体制を整えてきました。

 1997年夏、第1回「’97サマースクールin函館」が86名の子ども達を迎えて、函館市立中島小学校を会場として1週間のサマースクールが開催されました。支援に当たった学生ボランティア153名、社会人ボランティア(障害児に係わる現職教員、施設職員等)72名、総計311名によるエキサイティングな活動が展開されました。

 「この活動は、1回限りの打ち上げ花火として終わらせてはならない。継続してこそ意味がある」との関係者の共通認識のもと、毎年継続的に開催され ています。

 

 現在(2009/12現在)は,会場を「函館市立八幡小学校」「函館盲学校」「北海道教育大学附属特別支援学校」の3つを会場に多くの方が参加しております。さらに,2010年(第14回)から,これまで代表を務めてきた木村健一郎先生(函館校教授)から代表を細谷一博北海道教育大学函館校障害児臨床分野)が引き継ぎ,新しいサマースクールの創設に向けて取り組んでおります。

 2010年8月に開催されました「サマースクール2010in函館」からは,これまでと視点を変え,以下のような事を考えております。

 <サマースクール2010in函館実施報告書より>

私にとって代表として迎えた初めてのサマースクールが無事に終了し,実施報告書をお届けすることができました。これもひとえに,参加して頂きました児童生徒,学生ボランティア,社会人ボランティア,保護者ボランティアの皆様,そしてご後援を頂きました函館市教育委員会,会場をご提供いただきました函館市立八幡小学校,附属特別支援学校,函館盲学校のご協力の賜物と感謝申し上げます。

 200911月,当時の3年生を中心に「サマースクールin函館準備委員会」が立ち上がり,多くの志ある学生が私の下に集まってくれました。これまでの活動を見直し,障害のある子どもたちに「楽しい夏休み」を提供する団体として「新しいサマスクを・・・」をテーマに掲げました。このテーマは,現在の函館キャンパスの現状を考慮すると色々な面に影響を及ぼすことができると考えていました。現在,教員養成課程ではなく人間地域科学課程となった函館校には「地域」というキーワードが掲げられています。この「地域」にどう応えるか,その為の学生をどのように育てていくか?が問われています。また,幸いにも社会人ボランティアを含めた関係者の多くの方に「サマスクは代表が変わったのだから,新しいサマスクを・・・」との声を多く寄せて頂きました。

 本活動においても,参加している学生の多くが教員志望ではなくなり,民間や公務員といった多種の職業を選択している学生が多く見られます。しかしながら,学生の希望進路に変化は見られても,本活動を楽しみに参加してくる子どもたちの気持ちは変わりありません。では,今年度から何が変わったのか?それは,学校でも家庭でも経験することのできない,子どもたちが楽しめる活動を創造するという視点です。計画の作成に時間を費やすのではなく,どれだけ子どもたちの楽しい笑顔を引き出せるか・・・という部分を最優先に考えていくことを学生には求めてきました。余暇活動を提供するということは,学校教育の延長に位置付けるのではなく,学生ならではの楽しめる活動という視点に立った取り組みが必要なのです。

さて,開催日程は,例年通り5日間を想定していましたが,大学の授業の関係やお盆前に本活動を終えるため土日スタートの4日間の開催となりました。しかしながら,学生実行委員の希望により,連日1日開催を実現することができました。今年度は参加児童生徒71名,学生ボランティア114名,社会人ボランティア33名,保護者ボランティア8名と昨年よりも参加者が若干,少なくなっていましたが,それでも多くの方にご参加頂きました。

また,今年度は函館市教育委員会よりご後援を頂き,保護者の金銭的な負担を軽減することができたとともに,学校でも家庭でも経験できない活動が多く見られました。初めての活動に興味津々の子どもたちの表情をみて,来年は更なる楽しい活動の創造に意欲を増すことができました。

14回のサマースクールin函館も本実施報告書を皆様にお届けして終わりとなります。しかしながら,皆様のお手元に本書が届く頃には,すでに「サマースクール2011in函館実行委員会」が動き始めています。また,来年度も皆様にお目にかかれることを心より楽しみにしております。

本活動は学生が中心となって組織・運営を行っており,障害のある子どもたちとの一緒に活動をする経験も少ない学生が多く参加をしております。至らない点も多くあり,まだまだ課題がつきませんが今後も,これまでと変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願いいたします。

   2010/12

                                     サマースクールin函館実行委員会

 代表 細谷一博(北海道教育大学函館校 准教授)